Loading...
ステップハウス トップ注文住宅岡山の注文住宅ペットの法務相談 > 第99回 ペットの食事を見直そう②~トッピングは抗酸化力を向上させる!~
第99回目

ペットの食事を見直そう②~トッピングは抗酸化力を向上させる!~-2017.1.13更新-

 前回から開始しました「ペットの栄養」コラム。前回はペットフード(主としてドライフード)に不足しがちな①水分②解毒力③酵素をトッピングで補うべきという内容でした。
前回お伝えできなかった「なぜフードトッピングがペットに良いのか」を、もう少しだけお話ししたいと思います。

抗酸化力を高める

  人も動物も普通に生活している時はもちろん、身体を休める睡眠時でさえもエネルギーを消費しています。
それに必要なエネルギーを、食べたもの(特に脂肪やたんぱく質)から作り出す時に一緒に発生する「活性酸素」は、増えすぎると有害なものになります。
 この活性酸素、良い働きとしては、体内に侵入した細菌などを取り除く働きがある。
 つまり白血球などの「免疫機能」の一部として細菌などを攻撃してくれるのですが、活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させることで、老化やさまざまな病気を引き起こす原因になると言われています。
 また活性酸素は、日々のストレスや紫外線、電磁波、薬を服用したときにも発生するもの。
 飼い主として余分な活性酸素を上手く取り除いてあげたいですよね。
 そのために必要なものが「抗酸化力」です。いわゆる「アンチエイジング(細胞の若返り)」ですね。
 抗酸化ビタミンで言えばビタミンA(βカロテン)やビタミンE、またポリフェノールやタウリンなどの各種ミネラルも有効とされています。
 ペットフードにも含まれていますが、ペットの状況に応じて天然食材から補給すると、より効果的です。
 ドッグフードでは足りないこれらの抗酸化力を補う事で、愛犬の体内が錆びにくい環境を作り、体内の解毒がスムーズに行われれば、より健康的な生活が送れる事でしょう!

ミネラルも摂れる

 また、少し摂取するだけでも他の栄養素の働きをサポートしてくれるミネラル。
 例えば、カルシウムやカリウム、リンやマグネシウムなどが代表的で、これらは体内環境の維持や調整に役立っています。
 具体的には、前に述べた活性酸素が多量になった場合、主として体内修復をするのは「酵素」なのですが、ミネラルは別名「補酵素」と言われるように、酵素を強力にサポートしています。
 もちろんペットフードの中にもミネラルは含まれていますが、化学的に単体のミネラルを含有させている事が多く、食物から摂れる複合ミネラルは、栄養バランスが良く、自然な形で酵素をサポートしてくれます。
 天然ミネラルが豊富な海藻類は、トッピング食材としても代表的なものになります。


ペットの法務相談って何だ!あなたの身近に起きるトラブルを解決!

 ペットの法務相談。皆さんは、この言葉をご存知でしょうか。今回のペットにまつわるお話は、岡山で唯一ペットを専門にした法務相談をされている山中一馬さん(行政書士)にお話を伺いました。

 近年のペット人気の上昇とともに、対ペットショップ・ブリーダー・動物病院、個人間の売買、近隣住民との問題などペットに関するトラブルが相次いでいるとおっしゃる山中さん。こういったトラブルが皆さん自身に起きた時あなたなら、どうしますか? 弁護士に相談する、それも良いでしょう。ただその前に気軽に相談できる相手がいたらどうでしょうか、それが今回の法務相談です。

 行政書士は弁護士とは違い依頼者の代理人として相手方と交渉することはできませんが、トラブル回避のアドバイスや書類作成を通して適切な問題解決のサポートができます。そんな山中さんのもとには、日々ペットトラブルの相談が寄せられているそうです。「購入したペットに先天性の病気が発覚」「インターネットと見た目が違う」「リードが長すぎて道の角から飛び出した犬に驚いて、お年寄りが転倒した」など法務の立場から適切なアドバイスをしてくる頼れる存在、それが法務相談なのです。

山中一馬どうぶつ法務事務所

行政書士/愛玩動物飼養管理士/
動物法務協議会会員

山中一馬どうぶつ法務事務所

岡山市平福2-3-11

ペットトラブル相談・解決、ペットビジネス相談・サポート、各種契約書の作成、セミナーの講師や執筆活動など仕事は多岐にわたる。普段は、倉敷市笹沖にあるドッグハウス「ボーモンド」の店長としても活動中。

ご相談は、HPかメールアドレスへ
HP:http://www.office-kazu.com
E-mail:animal-support@office-kazu.com


記事一覧