Loading...

株式会社 なんば建築工房 建築実例詳細  懐かしいのに新しい通り土間のある家

工務店 株式会社 なんば建築工房

伝統とモダンが融和する家 その美はいつまでも色あせない

TEL.050-5871-9424
※お問い合わせの際は「ステップハウス」を見たと伝えるとスムーズです。

坪単価・価格の目安

取扱坪単価目安:60万円~120万円
最多最終坪単価目安: 65万円~85万円

お気に入りに追加
建築実例詳細

懐かしいのに新しい通り土間のある家

  Hさん邸


 「この場所が一番好きなんです」Hさんが帰宅したらすぐに腰をおろして寛いでしまうという円卓の前。ここは家全体を見渡すことができる特等席。天井を仰ぎ見ると、そこには吹き抜けの大空間を支えるケヤキの梁、ノミの跡や傷も味わい深いヒバの古木が堂々と横たわっている。縁側からは心地いい風が吹き抜け、リビングの床に木々が影を落とす頃―ご夫婦が「本当にいい家だなあ」と幸せを感じるひと時だ。
 Hさんの家はご実家の敷地の納屋を解体して建てられたものだ。「なんば建築工房」の正田社長の提案により、お互いが遠慮なく行き来できるように、自宅の玄関からご両親の家の玄関に抜ける通り土間が造られた。それは、最初にスケッチに書いて渡されたイメージそのまま。「こんな家に住んでみたい」そんな漠然とした思いが、想像以上のカタチになることに、ご夫婦は何度も驚かされたという。
 『座の生活』を大切にするHさんのために、円卓に座った人との目線が合うように床を3段低く設計されたキッチン。カウンターや、それを支える『ほおずえ』は、職人さんのはからいで角を削って意匠を施したもの。そんな風に、家のそこかしこに住む人のことを考えた工夫がさりげなく施されている。
 「なんばの家は、他とは何か違う」。そう思わせてくれるのは、吟味された素材や伝統の技の継承はもちろんのこと、魂のこもった仕事ぶりにあるのかもしれない。

建築実例データ

家族構成 ご主人、奥さま、お子さま2人

土地面積 210.00 m2 (63.53坪)

延床面積 126.69 m2 (38.32坪)

建物工法 -

本体価格 -

2015-06-05登録
この会社のホームページを見る この会社に資料請求 この会社をクリップ