Loading...

賃貸or住宅購入 あなたはどっち派

「賃貸」か「購入」か。
どちらが得になるのかは住む人の価値観や人生観で変わってくるため、
明確な答えはないが、ここではかかる費用をふまえて、
自分がどちらのタイプに向いているのかを考えてみよう。

1 賃貸 or 購入 50年住み続けると総額はどのくらい違う?

「このまま賃貸に住み続ける」のか「思い切ってマイホームを購入する」のかは、常に考えてしまうテーマ。
一番気になるのは費用面で、一生涯でどちらが得になるのか気になるところ。
「50 年住み続けるとしたら」と仮定して、「賃貸」と「購入」を比較し考えてみよう。

総額比較

※その他費用詳細:引越し費用 / 各 20 万円×5 回、初期費用 ( 敷金・礼金・仲介手数料)/ 各家賃 4ヶ月分 ×5 回、更新手数料 /2 年に一度 3 万円で計算。

※住宅ローン詳細:借入額 /2,000 万円、返済期間 /35 年、金利 / 全期間固定 1.93%、返済方法 / 元利均等、ボーナス割合 /0% の場合で計算
※諸費用:土地+建物の一割で計算。引越し費用も含む。

長い目でみると総費用はさほど変わらない

「賃貸」と「購入」を 50 年で比べてみると、あまり大きな違いはない。地域によって家賃や戸建ての価格は異なるけれど、 基本的にどの土地で比較しても、この結果は変わらないだろう。どちらが得かで考えるのではなく、どちらが自分達のライフス タイルに合っているかで選んでいくことの方が重要だ。あなたはどちらのタイプで家を探す?

賃貸 購入
自分達の借り入れ可能額と月々の返済可能額を調べてみよう!
ローンシミュレータ

2 賃貸 or 購入 それぞれのメリット・デメリットは?

「賃貸」にも「購入」にも、それぞれメリットとデメリットがある。
「知らなかった」と後で後悔しないためにも、メリットとデメリットを知っていこう。
自分達の現状と比較することで、どちらに向いているかが見えてくる。早速チェック!

メリット・デメリット
メリット・デメリットを比較して、自分達の価値観で考えよう!

「賃貸」のメリットは「購入」のデメリットであり、「購入」のメリットは「賃貸」のデメリットだ。どちらのメリットに魅力を感じるかで、自分達の目指しているスタイルもおのずと見えてくる。さて、あなたはどちらに魅力を感じただろうか?

賃貸 購入

3 賃貸 or 購入 あなたはどちら向き?

「賃貸」か「購入」かの向き不向きは、自分達の価値観や人生観で変わってくる。
具体的な例を見て、自分達の判断の参考にしていこう。

こんな人は○○タイプ
早速、自分達に合った家さがしを始めよう!

自分達と似ている事例はあっただろうか。「賃貸」か「購入」かは常に考えてしまう内容ではあるが、決断するためにはしっかりとした将来設計を立てることが必要だ。ライフプランを立ててから、どんな家があるのか探してみよう!

賃貸 購入